中国留学中

気分転換したい時に書きます

他の街に行ってみよう@福州 1

テストが終了し自由の身となりました。わーい夏休み。ということで、何となく福建省の省都、福州へ。

↓福州の場所(福州市博物館の展示から)

f:id:yngsspch:20170625151644j:plain

台湾の真向かいですね。福建省は多くの華僑のふるさと、東南アジアとの関連も強くある場所です。

 

ちょうど夜行の時間に列車があったので、行きは列車で。

寝台の最上段に寝そべって(というか天井に頭がぶち当たるので寝そべるしか無い)、人々の世間話を盗み聞きするのが楽しみです。

f:id:yngsspch:20170625152251j:plain

夕方上海南駅で乗りこんで、起きたら福州駅です。

しかし暑い!この日の最高気温35度、そして容赦無い日光!汗が止まりません。

(知人曰く雨の降り続く福州よりは晴れた福州のほうが過ごしやすいそうですが)

 

第一印象としては、中国にしてはきれいに掃除されてる街だなあ、と。ゴミもそんなに落ちてないし、道を歩いても数分でドロまみれになったりしません。

今まで私が主に北方の都市を旅行していたせいかもしれませんが。

 

鉄道福州駅を出て強烈な日光にびびって速攻地下へ退避。

福州市地下鉄図

f:id:yngsspch:20170625154609j:plain

やけにぴかぴかだなと思って調べたら地下鉄1号線が今年1月に正式開通したばかりでした。というわけで今乗れるのは1号線だけです。今後2・4・5・6号線を通す予定だそうです。

 

とりあえず暑いので博物館で涼みます。

福州市博物館

f:id:yngsspch:20170625155940j:plain

地下鉄を达道駅(茶亭駅でも良い)で降りて、某レンタル自転車を拾って行きました。(福州市中心部はレンタル自転車供給過剰のようで、そこら中に複数台ほかってある状況。)

福州市にはもうひとつ福建省の福建博物院というのがあり、多分博物院の方が大規模なのですが、こっちの市の博物館も結構豪華です。どちらの博物館も無料です。

プロジェクターで謎の投影

f:id:yngsspch:20170625161556j:plain

あ、鑑真

f:id:yngsspch:20170625161729j:plain

なぜそんな顔で下を見ている

f:id:yngsspch:20170625162001j:plain

ああ、確かにグッジョブして倒れてるのは妙だね

f:id:yngsspch:20170625162055j:plain

その他、日本ではあまり見ないようなきれいな色の陶磁器等が展示されています。

 

さて、博物館で涼んだので外へ

高層ビルが立ち並ぶエリアもあれば

f:id:yngsspch:20170625162605j:plain

のどかな風景もあります。

f:id:yngsspch:20170625162720j:plain

上の写真の左上に山があります。鼓山といい、福州の有名な観光地です。

そんなに高い山ではなく(標高870.3mとのこと)、ハイキングできる山です。

ふもとにバスターミナルがあり、市中心から市バスに乗って来れます。

29路、69路等のバスで鼓山风景区バス停まで行けばよいです。

 

やってきました鼓山。

f:id:yngsspch:20170625163807j:plain

リフトに乗って上がっても良いのですが、せっかくなので石段を登ることに。歩けば無料ですし。

f:id:yngsspch:20170625164523j:plain

途中様々な色鮮やかな蝶や

f:id:yngsspch:20170625165214j:plain

それに相当する色鮮やかな毛虫に出会います。(画像自粛)

 

が、当然暑い!只でさえ汗が止まらないのに、石段をひたすら登り続けるとなると文字通り滝のように汗が流れ落ちます。あああビール!コーラでもいいや!日頃運動不足なのでキツイです。

 

やっとのことで上までのぼり、展望台から。

f:id:yngsspch:20170625165524j:plain

うん、もやだかスモッグだがかかってほとんど何も見えませんね。

頂上に有名なお寺があるらしいのですが、入場料40元分寺を堪能できるほどに体力が余っているとは思えなかったので、そのまま下山。次回覚悟を決めてから行きます。機会あれば。

 

次エントリーにつづく。