中国留学中

気分転換したい時に書きます

他の街に行ってみよう@福州 2

鼓山の筋肉痛が発動しないうちに次へ行こうと思います。

 

検索したところ、中国船政文化博物馆(無料)というのが高評価でした。

中国船政文化博物馆门票_地址_地图_攻略(图)-福州-大众点评网

福州市中心部から少し離れた馬尾区にあり、入り江のあたりになります。

場所的にはこんな感じ

f:id:yngsspch:20170625174138p:plain

山と入り江の造船所に挟まれたところということで、ちょっと面白そうなので見に行くことに。

37路のバスに乗り、「马尾区委」バス停で降りて徒歩5分くらいです。

博物館の内容は、清末に船舶技術を学ばせるために生徒を留学させました、とか船舶技術学校の卒業生がその後政府の要職にて活躍しました、とか、福建省の○○一族が船舶技術の発展に貢献したとかでした。

個人的には正直そんなに面白いとは思いませんでしたが、昔から福建省に住んでいる人は「ああ、あのシェンさんね!」となるのかもしれません。後、生徒を土日問わず猛勉強させて厳しい定期テストで振り落とす、という船舶技術学校のやり方は今の中国の学校とかぶる(大学含め)ので、それに共感するところもあるのでしょう。

 

船政文化博物馆は程々にして馬尾の水際を散歩することに。

ヨーロッパを思わせるくらい綺麗に整えられた公園

f:id:yngsspch:20170625180543j:plain

船を見ながら遊歩道を散歩できます。

f:id:yngsspch:20170625180917j:plain

優雅ですね、

水があと10倍綺麗であったならば。

f:id:yngsspch:20170625181604j:plain

 

水際散歩に満足したので中心部に戻ります。

これまた有名な観光地、三坊七巷へ。

1路などのバスで「道山路口」で降りて徒歩数分。地下鉄「東街口」駅で降りてもOK。

f:id:yngsspch:20170625182606j:plain

このメイン通りの古建築にはお土産屋や飲食チェーン店(マクドナルトやスタバなど)が入っているほか、書展などをやっているギャラリーがあったりします。店員さんがガツガツ売り込んでくることもあまりないようです。

 

どちらかといえばちょっと一本入った小路に個性有る施設があるようです。

f:id:yngsspch:20170625183259j:plain

清代に優れた文人が多く住んでいたというこの小路には

f:id:yngsspch:20170625184044j:plain

現在メイドさんが給仕してくれるカフェがあります。写真は各自行って撮ってください。その他、若い人のサークルが集まって芸術関連イベントを開けるスペースなどもありました。

 

ちなみに同じ小路の奥に政策を感じさせるこんな展示館があり、

f:id:yngsspch:20170625184357j:plain

海上丝绸之路展示馆。

中には無料にも関わらず管理のおっさん4〜5人以外誰もいなかったのですが、

船政文化博物馆と比べてどうなのかという好奇心に襲われ入ってみました。

 

結果、意外にも結構面白かったです

福船(福建省のあたりで作られる船)の変遷。へー

f:id:yngsspch:20170625185742j:plain

福船には目がついています。

f:id:yngsspch:20170625185915j:plain

沖縄の話とかも出てきますよ。月曜は休館です。

 

そろそろ帰りの時間が迫っているので三坊七巷を出て。

三坊七巷の近くには空海が滞在したという福州開元寺があります。帰りがてら覗いていきます。

f:id:yngsspch:20170625191807j:plain

中には仏像の他、割と新しい感じの空海像があります。寺のそこらじゅうにwechatのQRコードがあり、wechatからお布施を収められるようになっています。

(中国のお寺がやたらカネカネ言うのは、宗教を警戒する政府への目くらましなのか、只々本当にお金が必要なのか、私にはわかりません。)